monolog

non-root な環境で UTF-8 対応の nano をビルドする

Ubuntu なレンタルサーバーで、 GNU nano を使おうとしたらそもそも nano が入ってなくて、適当にソースを拾ってきて野良ビルドしたら日本語が打てなくてつらくなった。
つらくなったので、--with-utf8 を付けてビルドしようとしたら、 configure で以下のエラーが出てつらくなって結構ハマったので備忘録。

これを non-root な環境で以下の方法にて解決した。
とてもシンプルではあるんだけど、 –enable-widec とか忘れるねん……

バージョンは執筆時点のものです。

追記 (2015/10/14)

とのことなので、Gehirn RS2 では non-root でも何もしなくても nano が使えるようになるらしい。ありがたい……。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA