monolog

Adventar::Listを作った

12月になりました。アドベントカレンダーの季節ですね。
アドベントカレンダーといえば、去年はATNDを中心に行われているものが多かった気がするのですが、今年はAdventarというサイトが使われているものを多く見かけます。
Adventarというのは、その名の通り、アドベントカレンダーの作成, 記事の公開に特化したサービスで、TwitterやGithubアカウントを用いて簡単にアドベントカレンダーへの参加, 作成が出来ます。

ただ、このサービス、1つ気になったことがあります。

なんでアドベントカレンダー作るのはそんなに簡単なのに今日の記事一覧が見れないんだ!!

……何故でしょうか…… 今日公開された記事を5つ観ようとしたら、5つそれぞれのアドベントカレンダーのページを開き、そこから今日の日付のところまでスクロールし、リンクをクリックしないといけないのです……

これはまとめを作るしか無いなーと思いまして、作りました。

Adventar::List

※ちょこちょこ稼働させながらコード書き換えてるので500返りますがご愛嬌

超シンプルです。めいどいんSinatraです。
最初はCGIで作っていて(何)、1ファイルで動いてミニマム感溢れていたのですが、あまりにも遅すぎたので途中でPassengerに変更しました。
データはAdventarから持ってきたものをNokogiriでスクレイピングして、redis_ormを使ってRedisに投げています。
ただ、redis_ormの実装がアレなのか良く分かりませんが、異様にバグります。なんでや!!
例えば、id=1なオブジェクトを検索したらid=2なものが返ってくるとか、find(:all, …)で取得したデータが何故か最後に突っ込んだデータだけとか…
あまりにも残念すぎたので素直にDataMapperを使うべきだったと反省。

最後に:
クリスマスプレゼントお待ちしております!

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA