monolog

Tag Archives: sinatra

Sinatra Modular-Application で configure が上書きされる問題の対処

Programming

Ruby の Siantra で、Modular-Application を書いていたら良く分からない挙動にぶち当たって気が付いたら朝になっていたのでメモ。

app.rb

hoge.rb

みたいな事をしていた。
disable :protection をしているのにどうしても Rack::Protection が有効になるので、どうしてこうなるんだとあちこちのコードを追いかけたりした結果、HogeRoutesApp とは別にもう一度 session, protections 等のセットアップが行われるので、以下のように、 use HogeRoutesconfigure より上に持ってくる必要があった。

app.rb

HogeRoutes 内の configuredisable :protection とやってもいいが、こうするとクラスが増えた際にその分だけ書かないといけなくて大変。セッションみたいなアプリケーション全体で統一的な設定を持つ部分は親の App でやって良いんじゃないかと思う。

sinatra-activerecord で seed_fu を使ってみた

Programming

Sinatra で、sinatra-activerecord を使っているときに、$ rake db:seed すると、既に存在するレコードが重複登録される。

これ、とても一般的な問題で、 Rails だと、seed_fu というのを使って解決したりするらしい。

Rails (ActiveRecord 4.x) で動くなら Sinatra (sinatra-activerecord) でも問題なく動くとおもいきや、$ rake -T しても db:seed_fu が表示されない……

ソースやらなんやら見ながら唸っていたら、どうも Rake のタスク追加を、 Railtie を使ってやろうとしているところを発見した。
どうやら Rails だと、初期化時にここのコードが走るらしいのだけれど、Sinatra にそんなものはないので当然タスクは追加されない。

というわけで、Rakefile にベタ書きしてみる。
メインのアプリケーションソースが ./app.rb にあるということになっています。(適宜書き換えてください)
あと、なぜか <<< < に置き換えられたので修正してください。

コードとしては、seed_fu の rakeファイル を元に、sinatra-activerecord から、データベースの接続設定を拾ってくる部分を参考にしたりした。

の部分がミソで、これでアプリケーションを通してデータベースに接続する必要がある。ここで2時間ぐらいハマった。